意外と知られていないがん保険の内容

「がん保険」という言葉を最近よく耳にしますね。ご自身も加入されている方も多いと思いますが、実際にどんな利点があるのでしょうか。

まずがん保険はどんな保険なのでしょうか。医療保険とはどう違うのでしょうか。
がん保険は一言で言うならば、がんに特化しているということです。
そのためがんと診断された時に給付金が出たり、通常ならば日数制限や回数制限がかかるところが、がんで入院した場合は入退院を繰り返しても、長期入院となったとしても日数分給付金がもらえたりします。
さらにがんで所定の手術をした場合にも給付金が受け取れます。

がんは1度完治しても、継続的な検査をうける必要があったり、再発の可能性もある病気です。完治した場所とは違う場所に治療が必要となることもあります。そうなった時強い味方となってくれるのが、通常の医療保険以上にがんに対してカバーしてくれるのがこのがん保険なのです。
保険会社も様々ですので、会社にもよりますし、プランによって内容は異なります。主なものとしては通院治療のカバーをしてくれる「がん通院給付金」や、がんが原因で高度障害が引き起こされた時に心強いのが「がん高度障害保険金」などがあります。

ご自身ががんになった時に、特にどこに重点を置いてカバーしてもらいたいのか、入院費なのか通院費なのか、先進医療を受けたいのかよく考えて、各社様々なプランの中でご自身の希望に一番沿うものを選んで下さい。
いざという時にも、安心できるがん保険をうまく活用しましょう。