がん保険は、早期発見のためにも早めの検討を

がん保険は、早期発見のためにも早めの検討を

がん保険は、早期発見のためにも早めの検討を がんは早期発見がとても重要です。はじめは小さながん細胞も次第に増殖していき、全身ががんに冒されてしまうと治療が困難で辛いものになってしまいます。
早期発見も大事、そして早めにがん保険に加入することも大事です。
だからといって、どの保険でも構わない訳ではありませんよね。人それぞれ、家族構成、貯蓄、価値観などが違います。

まず、がん保険には待期期間があります。保障の開始日から90日間の待期期間中にがんと診断されると、保険契約そのものが無効となってしまうのです。
この点からも、加入のタイミングを見極めて、早めに加入しておく必要があると言えます。

がんは、今では早期発見で治る病気とされていますが、一度診断されると一生付き合わなければならない病気でもあります。再発や転移の心配が常にあり、何度も入院を繰り返す人も多いのです。
がん保険なら、入院日数に制限がありません。一生のうちがんと診断される人の割合は、男性60パーセント、女性45パーセントと言われています。それほど身近な病気です。

しかし、がん保険だけで良いのか、ほかの医療保険にも加入すべきなのか、迷うところかもしれません。
最近のがん保険の中には、特約として病気やけがの保障が受けられるものもあります。検討してみる価値がありそうです。

〔トピックス〕